eyes0848.jpg eyes0759.jpg

フェイキック

「メガネをかける」ことが、古くは「近視の治療」だと言われていた。何かの本で、これに出くわしたときは腹が立ったものだ。
ちっとも、治療じゃないじゃないかと。

近年、近視治療に「LASIK(レーシック)」と呼ばれる
レーザーを使った手術がある程度の市民権を得てきたようである。

レーシックは、まず電動メスで角膜の表面を薄く切開してめくりあげる。そして、その内側の角膜をエネルギーの高いエキシマレーザーで削り、角膜の屈折率を変える。最後にめくった膜でふたをする。という仕組みである。屈折異常の修正なので乱視の矯正も可能である。

今のところ、保険は適用されない。けれども、実際に手術を受けている人は相当数に上ってきたようで、日本眼科学会も「レーシックは視力矯正の第一選択肢」として診療指針を作成したらしい。

ところが、実際に手術を受けようとすると、手術できるかどうかの検査がある。強度近視、あるいは他の理由で、レーシックの手術ができないと判定された方はいないだろうか。


そんな人に福音となるかも知れない術式が登場した。

レーシックの代わりに、角膜と目のレンズ(水晶体)の間に人工レンズを入れる
「有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL)」挿入術というのがそれだ。

使用する眼内レンズは、白内障治療で使われるのと同じ樹脂素材。

実際この手術を受けた人は、
「見えにくかった夜間でも視力1.2以上が保たれ、安心してハンドルを握っている。」
と語っている。

まだ、保険もきかず、臨床例も十分でないが、おそらくこれから、普及していくことだろう。何十万という手術料では気軽に手術を受けることはできない。

はやく、一般庶民が治療を受けられるようになってほしいものだ。
posted by eyesky | 視力回復
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。