eyes0848.jpg eyes0759.jpg

目を手術

目を手術して近視を矯正する、という考えはわりと古くからあったようです。
始まりは1950年代、順天堂大学の佐藤教授が角膜を切開する手術を、視力の回復のために行いました。
ただしこれは高度な技術を要する手術で、しかも副作用が出たため、次第に手術は行われなくなりました。

1950年代の佐藤教授の手術以来、鳴りを潜めていた近視矯正手術ですが、1973年に旧ソ連のフィヨドロフ医師による角膜切開手術が注目を集めました。
フィヨドロフ医師は「近視矯正手術の父」と呼ばれ、後の近視矯正治療、手術に大きな影響を与えました。

レーシックにもデメリットはあります。
まずは初期コストが高いこと。
ここ数年で安くなってはいますが、まだ両目で20万円ほどかかります。
また、レーシックといえども手術のため、医師の技術力によって近視の回復度が左右されます。
レーシックでは信頼できる医師を選ぶことが最も重要です。

技術の進歩とともに、価格も安くなるのが医療の定石。
近視矯正手術のレーシックも年々安くなってきています。
以前は両目で50万円ほどでしたが、今ではなんと20万円。

高い眼鏡を着けている人や、使い捨てコンタクトレンズを使っている人なら、心が動くほどの低価格にまでなっているのです。


RSS関連リンク


近視の治療法一覧
点眼治療(調節麻痺剤) 仮性近視に特に効果的で、点眼による治療はまちがいなく視力が回復します。 レーシック(近視レーザー手術) レーシックなどの視力回復レーザー手術を受ける人は年々増加傾向にあります。 オルソケラトロジー特殊なコンタクト ...

レーシック⇒⇒⇒屈折矯正手術レーシックによる近視手術、症...
レーシックの錦糸眼科-レーシック・視力回復・近視手術などご相談ください屈折矯正手術レーシックによる近視手術、症例実績。 ... レーシックの錦糸眼科-視力回復・近視手術などご相談ください。 ... レーシックの錦糸眼科HOME. ...(続きはここから. ...

トップにもどる
posted by eyesky | 視力回復
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。