eyes0848.jpg eyes0759.jpg

斜視

斜視には手術が必要な場合があります。

斜視は黒目の位置に異常があるという外見的な症状のほかに、小児期にこの症状が見られた場合、左右の目で見たものを、脳で1つに統合する機能に障害を与えてしまうことも考えられまる。その場合は早期の手術が必要となります。

斜視で手術を行うのがいちばん多いとされているのが「内斜視」です。

内斜視は斜視の中でも約70%を占める症状で、小児期に多く見られます。

片目が内側に寄っている状態で、目の焦点を合わせるのに強く関係しているものとそうではないものに分けられ、治療方法も異なってきます。

斜視には手術以外にもさまざまな治療法があります。

例えば矯正ですが、メガネやアイパッチなどを使用して、両眼で物を見る機能の回復や、目の位置のずれなどを治していきます。

ただし、手術を行ったほうが適切な場合もあり、斜視の種類や程度、年齢を総合的に医師に判断してもらってから治療しましょう。

斜視手術は、目に繋がっている筋肉の位置をずらしたり、筋肉の力を調節することにより行われます。

手術自体は30分程度で済むことが多いですが、全身麻酔などの関係もあり、数日間入院する場合があります。

また、手術後、視力や機能回復のために、何度か手術を繰り返すこともあります。


RSS関連リンク


斜視手術
斜視手術は先天性のものや、生後すぐに症状が発見された場合は、概ね3歳くらいまでに手術を行うことが多いようです。これは斜視は単なる黒目の位置の変異という外見的な症状だけではなく、両眼で見たものを脳で1つに統合するという機能の発達に悪影響を ...

トップにもどる
posted by eyesky | 視力回復
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。