eyes0848.jpg eyes0759.jpg

斜視の手術

斜視の手術は、生まれつきや生後まもなく症状が発見された場合、できるだけ早期(概ね3歳くらい)までに手術を行う場合が多いようです。
これは、斜視が黒目の位置に異常があるという外見的な症状以外にも、両眼で見たものを脳で1つに統合する機能の発達に悪影響を与える場合が多いからです。

斜視の手術数も患者も最も多いとされているのが「内斜視」です。
内斜視はどちらかの目が内側に寄っている状態のことを指します。

内斜視の中でも焦点を合わせることに大きく関わっているものを「調節性内斜視」、そうではない恒常的なものを「非調節性内斜視」と呼び、治療方法も異なります。

斜視には手術以外にもさまざまな治療法があります。
例えば矯正ですが、メガネやアイパッチなどを使用して、両眼で物を見る機能の回復や、目の位置のずれなどを治していきます。

ただし、手術を行ったほうが適切な場合もあり、斜視の種類や程度、年齢を総合的に医師に判断してもらってから治療しましょう。

斜視の手術は、目に繋がる筋肉の力を調節したり、筋肉が付着する位置自体を変える場合もあります。

手術はたいていの場合30分程度で終わりますが、特に患者が子供の場合、全身麻酔をかけることが多いですので、数日間入院することもあります。
また、手術後、元に戻ってしまい、再度手術を行うことも多いようです。




トップにもどる
posted by eyesky | 視力回復
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。